忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




部屋に入るときはノックして、と何度か言われたので、
ネジがヒナタの部屋に入る時はいつもノックしてからだった。

しかし今、部屋で泣いてたヒナタはネジの足音に気付くとドアに走り寄って鍵をかけようとした。
だからネジはヒナタより先にドアノブを回した。
半ば強引に中に入ると、ヒナタは涙でぐしゃぐしゃになった顔で
 「も、もうっ!ノックしてってっ言ってるっでしょっ?」
としゃくりあげながら言った。
ネジはただ「すまない」と言って、願望通りヒナタを強く抱きしめた。

腕の中で、ヒナタが息を呑んだ。
何も言わない。抵抗もしない。
ただしゃっくりのような泣き声だけ。
 「すまない、そんな意味じゃなかった」
すまない、ごめん、と心から謝りながら背中を撫でた。

小さく、服を握り締めてくるヒナタの手に
乳飲み子を抱く母親のような気持ちになる。
兄妹とも親子とも主従とも、
あらゆる絆に重ねられるほどあらゆる愛情がネジの中にあったから。

 「ネジ兄さん…」
 「何だ?」
 「ネジ兄さん、どこに行くの?」
 「何?」
 「ここを出て、どこに行くの?」
 「・・・・」

耐え切れないように大声で泣き出した。

 「どこにも、行っちゃ、やだ…!!」

小さな子供みたいだった。やだ、いやだ、行かないでどこにも。
必死でしがみついて号泣する声に、心臓を鷲掴みされた。

かわいくていとしくて、胸が苦しくて痛くなるのにずっと聞いていたい泣き声。
ある雷雨の夜に泣きながらベッドに潜り込んできたヒナタに
自分は「えす」ってヤツなんだと思いながらずっと抱きしめ続けた時の気持ちが蘇る。


 「行かないよ、どこにも。ずっとヒナタのそばにいる。」

それを聞いてヒナタは両手を精一杯ネジの背中に回して強く抱きついた。ひしっと。
やさしく抱き返すと、はっとしたように顔を上げて驚いた顔で見つめてくる。
 「…そばに・・・?」
 「そう。」
安心させるように笑いながら、抱きしめて頬ずりした。
 「ヒナタのそばにいるよ。大きくなったらオレの嫁になってくれるんだろう」
 「えっ…?なっ・・・・!も、もう!そういうこと言わないで!」
これ以上なく本気だったのに、ヒナタはからかわれたような顔になった。
ああもうかわいいなあ、体中が幸せに満たされていく。

 「本当に悪いことを言ったと思ってる。」
撤回はしないが、本当にそう思っている。
ネジの言葉に、態度に、ヒナタの腕の力が抜けてきた。
脚の力も抜けてきて、フラフラしはじめたのでベッドに座らせて隣に座った。
抱き寄せて、髪を撫でていると小さな声で「ごめんなさい…」と謝られた。
 「ひどいこと、言って…ごめんなさい・・・」
 「いいや、オレが悪かった」
 「これからも、ネジ兄さんって呼んでいい…?」
 「ああ」

手触りのいい髪をツヤツヤ撫でながら、ついさっき親の仇みたいに睨んできたヒナタのはじめての敵意も
ちゃんと映像化して脳内に保存した。思い返すだけでシビれる。
自分には「えむ」っていう部分もあるのかもしれないと思いながら。
まだ涙目ながらほんのり笑うヒナタが目の前にいるから、そんな悠長なこともできるのだ。

最愛の妹に笑いかけると、ヒナタももっと笑顔になった。気がつくと、唇にキスしていた。

 「--------!!!」
両手で突き飛ばされるが、ネジよりヒナタのほうが軽いので押したヒナタが退いてしまう。

 「な、何す…っいきなり、もう…ばかっネジ兄さんのバカッ!急に…は、初めてだったのに…私…!」
ユデダコのように真っ赤とはこういうことを言うのだろう。
顔が綻ぶのを止められない。

 「初めて?そんなこと気にしてるのか、しかし初めてって…オレは毎日のように」

しまった、というか色々とやってしまった。慌てて口をつぐんだが

 「毎日?…何?…毎日、キスしてるの?!…誰と?!もういや!ネジ兄さんのバカ!返して!信じられない!
  ネジ兄さんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!!」

そんな風に言われても、兄妹でもないのに彼女に絶交される気がしない。
事実を知っても、またその事を知られても、
ネジとヒナタがお互いを家族だと思う気持ちは変わらない。
肩や胸をポカポカ叩かれながら、もっともっとキスしたい欲望に耐えながら、ネジは幸せだった。
自転車   *HOME*   ねじんこ 4/5
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
カテゴリー
リンク
存命同盟
2012年ヒナ誕
2011年ヒナ誕
2010年ヒナ誕
2010年ネジ誕
プロフィール
管理人:しげきち
NARUTOの日向ヒナタを好きすぎて
だんだん日常生活に支障が出てきた
ネジヒナ描いてるとネジをミンチにし
たくなる時もある自称ネジ→ヒナ屋。 
しげきちなう
メールフォーム
今頃のネジくん
本日のリーテン

最新ブクマ30
ブクログ
Copyright ©   重吉的雛譚+   All Rights Reserved
Design by MMIT / T-B4  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]

PR